銀行口座とクレジットカードの管理

スポンサーリンク

銀行口座やクレジットの管理

銀行の口座とかキャッシュカード、クレジットカードってパスワードが必要ですよね。こういうパスワードってどのように管理されていますか。最近はメモ帳みたいなものに書くのもよくないと言われていますよね。ID プライズとかいうソフトを使ったりするのですけど不安な時もあります。とはいえ記録していないと忘れてしまいます。クレジットカードとかキャッシュカードのような重要なパスワードこそ、管理しなきゃいけないのでメモ帳にも書かず、でも管理ができず忘れてしまって使えないということもあったりしてバカみたいです。安全で簡単にかつ確実に管理ができる方法って誰かご存知ないですか?

郵便局を使われたらいかがですか。郵便局で口座を作る時に通帳に印鑑を押さないようにしてください。そうすると他の人には印鑑がどれを使われているのかがわからなくなりますよね。それに口座を作って郵便局の支店ではないところで引き出しができません。家の通帳と印鑑を、別々に管理するのも大事ですけど。それから思い切ってキャッシュカードは発行してもらわないようにしたらいかがでしょうか。そうすると暗証番号も必要じゃなくなりますよね。窓口でお金を11引き出しに行かなきゃいけないという手もありますけど、身分証明書はお金引き出す時に窓口の人に提出すればいいだけなので、楽ですよ。この方法であれば誰にも個人情報を盗まれませんし、そもそもカードがなければ使われるという被害も防げます。クレジットカードであれば、キャッシングの利用限度額は、ゼロ円にしておきましょう。そうすればお金は誰からも引き出せないです。暗証番号は要りませんよね。またカードをなくしてしまったり、クレジットカードを誰かに盗まれ勝手にショッピングとかで使われたりする、そういう不安があるかと思います。しかしそういった不正利用については多くのクレジットカード会社では保険で対処してくれます。インターネットでショッピングをしたりしなければあまり使えませんし。もちろんインターネットでショッピングをしたとしても支払い方法をコンビニ現金払いとか、銀行振込とか、あれは代引きを選択すればいいと思います。確かにこの方法をとても便利とは言えませんけど、安全で非常に確実な管理方法です。暗証番号を管理したりする手間を考えるか、支払いにちょっと手間をかけるか、どちらかではないでしょうか。パスワードとかは頭の中に入っているのでメモ一切してません。簡単なもので絶対忘れないようなものはありませんか?例えば親の誕生日と自分の名前のアルファベットを組み合わせたり、子供さんの好きなキャラクターに子供さんの誕生年月日をくっつけたり。絶対忘れないパスワードで、他人には絶対分からないようなものを一つだけ編み出してずっと使い続けるのも一つの方法です。あとインターネットバンキングの口座はできるだけ残高を少なくしておくことをお勧めします。一方、お金を貯めていたり、定期預金を併用してるような銀行口座は、ネットバンキングには登録しないでパスワード管理もしないというのも確実な方法ですね。実際管理をしっかりやろうと思えば、日常の買い物が非常に不便になります。一方便利にしようと思うと、管理が煩雑になります。

住宅ローンが組めるかどうか

今私の手取りの月収が月々30万円くらいです。しかし金が結構あります?ジャックスカードで25万円。イオンキャッシングで100万円。レイクとアコムに10万円ずつ。どうしてもお金が必要だった半年くらい前に一気に借りたんです。月々の収入からコツコツ返しています。大体全部合わせて月に8万円ぐらいは返済に充てています。さて私は結婚して住宅ローンを組まなければならなくなりました。今これだけの借金があって住宅ローンが組めるのか、心配になってきたのですが、実は婚約者にはこの話はしていないのです。。。一応今のところ延滞はしていないです。住宅ローン借りられるんでしょうか。2000万ぐらい借りたいです。

住宅ローンを組むこととなると金融機関あるいは保証期間でことはばれると思います。なので借金してることを内緒にして住宅ローンを申し込んではいけません。むしろキャッシングローンがあることをきちんと伝えて、ローン審査を受けるようにしましょう。借りられるかどうかですがこれは金融機関次第だと思います。実際消費者金融に借金があるところをすごく敬遠される銀行もあります。そういったところだと、ブラックでなかったとしても利用しているという履歴があるだけで貸してくれないケースもあります。一方消費者金融に借りていたとしても延滞していなければ大丈夫という銀行もあります。これは本当に各金融機関の自社審査基準なので、一旦審査を受けないとわからないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする